Select sjis if the characters are not shown properly. Internet Expolorer is the targetted browser.

流出予測研究所が提供する情報

$Filename: index.txt $
$Lastupdate: 2018-01-11 07:52:28 $

このディレクトリには、流出予測研究所 が提供する公開情報が置かれています。

[TopHdngList] [BodyStart] [Top] [End]

CONTENTS   CONTENTS が閉じられているときでも [Contents] ボタンは有効です。
CONTENTS が閉じられているときに、アウトライン見出しのところに表示 されている [Contents] ボタンをクリックすると、 CONTENTS を表示して、 そのアウトライン見出しに対応している CONTENTS の中の見出しにジャンプします。
この後、CONTENTS は表示されたままになります。
CONTENTS 内の各行の最後に示されている数字は、 そのアウトライン見出し行が文書ファイルの何行目にあるかを表しています。

[ContentsTop]
TOP HDNG LIST ALL HEADING LIST NOTE LIST

[Close TOP HEADING LIST]

ALL HEADING LIST ■はアウトライン見出しのタイトル □はそれ以外
16*1 ■アウトライン文書処理プログラム o2h
25*2 ■実行プログラム、オプションを指定する myarghelper.exe

[Close ALL HEADING LIST]

NOTE LIST
Note の一覧: Note はありません。

[Close NOTE LIST]

[Top] [End] [ContentsTop]

[CTop] [Contents][TopHdngList][][Next][SameLvlPrev][Child][SameLvlNext][Parent][Top][End]

1 アウトライン文書処理プログラム o2h

アウトライン文書処理プログラム o2h のページ

アウトライン文書処理プログラム o2h は、アウトライン文書処理プログラム o2h の仕様にしたがって書かれたテキストファイルを html ファイルに変換するプログラムです。

このページ自身が、ソースをテキストファイルの形で書いて、それを o2h で変換して html ファイルにして作成されています。

 

[CTop] [Contents][TopHdngList][Prev][][Next][SameLvlPrev][Child][SameLvlNext][Parent][Top][End]

2 実行プログラム、オプションを指定する myarghelper.exe

実行プログラム、オプションを指定する myarghelper.exe のページ

myarghelper.exe は ArgHelper.exe の機能を拡張するものです。

ArgHelper.exe は、Gentaro Muramatsu さんが作成したプログラムで、myarghelper.exe はその機能を参考にして作成したものです。

簡単な例

  > copy myarghelper.exe mychrome.exe

として、mychrome.exe を作成し、パスが通ったところに置きます。

mychrome.exe を置いたところに、つぎのようなテキストファイル mychrome.ahp, mychromeROKKAKU.ahp を置きます。これらのファイルは、mychrome.exe の動作を決める設定ファイルです。

mychrome.ahp
# (1) 実行するプログラムのフルパスまたは start.exe
C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe
# (2) 引数 (必要でなければ無くても構いません。
# 引数の中に環境変数があったときに、それを対応する文字列に置
# き換える機能を使わないオプション -norepenv を指定します。
-norepenv

mychromeForROKKAKU.ahp
# (1) 実行するプログラムのフルパスまたは start.exe
C:¥Users¥shiiba¥AppData¥Local¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe
# (2) 引数 (必要でなければ無くても構いません。
# 引数の中に環境変数があったときに、それを対応する文字列に置
# き換える機能を使わないオプション -norepenv を指定します。
-norepenv

こうしておいて、

  > mychrome.exe http:://rfri.org

とすると、マシンが ROKKAKU の場合は、

  > C:¥Users¥shiiba¥AppData¥Local¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe -norepenv http:://rfri.org

を実行し、それ以外のマシンでは、

  > C:¥Program Files (x86)¥Google¥Chrome¥Application¥chrome.exe -norepenv http:://rfri.org

が実行されます。

 

Produced by the use of o2h version 12.28.
[CTop] [Top] [Prev] [Body] [BodyStart] .